税 務 ・ 財 務 コンサルティング


経理は日々の業務を数値化することから始まります。これを"見える化”すると言います。
日々の業務を見える化させることで、経営の軸となる経理の構築を目指します。
 
例えば、
領収書の整理ができていない
伝票・帳簿の整理ができていない
社長がみたい数字がタイムリーに出ない
売上の金額はわかるが利益がいくら出たかわからない
電子化させたい など...
 
ただ後から追いかけるだけの数字でなく、タイムラグのない有益な数字を利用することが出来るようになります。
会社に経営判断に役立つ記帳のサポートをさせていただきます。
 
 


 
 

経 理 の 重 要 性
見たい資料・見たい数字がすぐにわかる

 
資料の整理、管理が出来ることで必要なものを必要なときに見ることが出来ます。
資料を探すだけの無駄な時間を省くことが出来ます。
 

電子化で手数の簡素化

 
手作業で試算表などを作成することは時間も知識も必要になってきます。
電子化し、会計ソフトなどを利用することで試算表などの帳票を比較的簡単に作成することが出来ます。
 

数値化することで感覚の経営から脱却できる

 
経営の感覚は重要ですが、感覚に頼りすぎてもいけません。
感覚と実際の具体的な数字を元に経営を行うことで、よりよい財務状態に近づけることが出来ます。
 

毎月の業績を正確に把握できる

 
社長の見たいと思う数字がタイムリーに出すことができれば、経営判断に使うことが出来ます。
無駄を省き、投資すべきポイントも数値の状況から考えることが可能になります。