相 続 支 援


事業承継とは、企業がこれまで培ってきた様々な財産を後継者に引き継ぐことを言います。
 
後継者へのスムーズな承継を行うことが出来れば、会社の業績に大きな影響を与えることなく次へのステップへ進むことが出来ます。しかし、近年中小企業の経営者の高齢化が進み、後継者の問題に直面している企業が多く、問題を抱えている状態が見受けられます。
 
事業を引き継ぐことは、企業にとってとても大事な場面です。
後継者の資質、取引先・金融機関など外部との関係、経営幹部・社員の理解、株式の買い取り、相続・贈与税の負担など色々な問題がありますので、時間をかけ、慎重に検討を重ねていかなければなりません。
 
 
事業承継について...

事業承継のタイミングがわからない
自社株を後継者に移転しておいた方がいいのか
他人の名義を借りている株式は問題ないのか
事業承継は必要だと感じているが、何をしたらいいのか
後継者にすべて任せていいのか

  • 後継者の確保・選定
  • 後継者の育成
  • 会社経営の現状把握、および経営リスクの把握
  • 自社株式の対策
  • 相続税の対策

自社株対策

  • 株主の持ち株割合の確認
  • 自社株式の株価算定、株価予想額の試算
  • 自社株式の評価額引き下げの提案
  • 自社株の売買、暦年課税贈与、相続時精算課税贈与、遺言の検討
  • 自社株の売買または贈与のための契約書、議事録の作成及び申告


 

法人を利用した対策

  • 個人事業の法人成り
  • 個人開業医の医療法人化
  • 経営者のための退職金準備(退職金規程の整備、生命保険加入)
  • 会社と代表者の賃貸契約、役員借入金の整理の検討
  • 経営承継計画の策定

事業承継を計画的に行うためには、早期着手が不可欠となります。
必要性を感じていながら、何をしていいのかわからない。
何から相談していいのかさえもわからない という方でもご安心下さい。
私たち森川会計事務所では、そういったお客様に安心していただけるよう、全力でサポートをさせていただきます